腰痛は子宮内膜症の症状!その見分け方

公開日: : 未分類 , ,


腰痛は子宮内膜症の症状!その見分け方

腰痛に悩む女性はたくさんいます。
その腰痛が筋肉のこわばりや筋肉疲労によるものであれば、
エクササイズやマッサージで解消されることがほとんどです。

SPONSORED LINK

しかし、腰痛には子宮内膜症を起こしている可能性もあります。
腰痛は子宮内膜症の症状としてよく見られるものなのです。
子宮内膜症の症状としての腰痛を見逃さないために、気を付けたいことをまとめています。

【子宮内膜症ってどんな病気?】

【子宮内膜症ってどんな病気?】

子宮の内側には子宮内膜という膜があります。
受精卵が受精して着床する、ベッドのようなものです。
子宮内膜症とは、この本来なら子宮の内側にある子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です。

子宮内膜ができると、プロスタグランジンという女性ホルモンの一種が分泌されます。
これは、子宮の収縮を促す働きがあり、月経痛を起こす物質でもあります。

子宮内膜症は子宮内膜が増殖した分だけプロスタグランジンが多く分泌されますので、
その分激しい腹痛や腰痛を引き起こします。

子宮内膜症は、30~40歳代に発症しやすく、閉経後は症状が弱まります。

【子宮内膜症の腰痛の特徴】

【子宮内膜症の腰痛の特徴】

通常の腰痛は、同じ姿勢を長時間続けたりして腰の筋肉がこわばったことが原因だったり、
急激な運動で腰の筋肉が疲労して起こるものです。
それらの腰痛であれば、姿勢に注意することや
軽いストレッチなどで痛みを軽減することができるでしょう。

しかし、子宮内膜症の腰痛は、横になって安静にしている時でも痛みが治まりません。
もし、寝ている時でも腰痛がある場合は、他の自覚症状がないかチェックしてみましょう。

【子宮内膜症の症状チェック】

【子宮内膜症の症状チェック】

子宮内膜症を発症している場合、腰痛はどんどん悪化していきます。
他にも次のような症状があれば、婦人科で検査してもらいましょう。

・生理痛がひどくなってきた
・生理時以外でも下腹部に痛みがある
・不正出血がある
・月経の出血量が増えた
・性交時に痛みがある
・腰痛、特に骨盤付近が痛い
・茶色のおりものが出る
・排尿・排便時に痛みがある

【子宮内膜症の治療】

【子宮内膜症の治療】

子宮内膜症の治療方法は薬物治療と手術による摘出があります。
薬物治療では、ホルモンバランスを調節して子宮内膜組織を減少させたり、
痛みを抑える薬を投与したりします。
薬物治療で効果が認められない場合は摘出手術を行います。

子宮内膜症は妊娠や出産をきっかけに症状が軽くなることもあります。
また、高齢の女性が発症した場合は閉経後は自然に症状が軽減します。
このようなケースでは特に治療を行わず経過観察するだけのことがあります。

関連記事

高校生におすすめデートスポット

高校生のデートにはどんな場所が適しているでしょうか。 そう贅沢はできませんから、まずは お金のかから

記事を読む

1 コーム、ミラー

女子力高い中学生の持ち物とは?

中学生であっても女子力が高い女の子はいます。 女子力とは女らしさのことですが、生まれつきのものではあ

記事を読む

女子力を高める! おすすめ映画

女子力アップには欠かせない内面磨き。 それには心に感動を与えることが必要不可欠です。 ストーリーに

記事を読む

1 でネイルを楽しむには!

冬のネイルはシンプルが一番!?女子力がアップする冬のネイル術!

①昔に比べるとお手軽に試すことができるようになったネイルアート。 学生の方もOLの方も、また主婦の

記事を読む

女子力を英語にすると○○パワー?

最近よく耳にするようになった「女子力」 日本では単なる見た目の女性らしさというよりも 「外見だけで

記事を読む

suda

菅田将暉は女装が趣味?真面目な性格だが私服、ブランドのセンスは…

菅田将暉(すだまさき)ってご存知でしょうか 今、私が今一番と言っていいほど注目している 若手

記事を読む

1●バリバリ仕事をしていたあの人が・・・

うつ病とどう違うの~躁鬱病って何?~

うつ病は様々な症状がありながら、それに悩まされる人は近年ますます増えている といわれます。 この

記事を読む

絶対似合う♡ 結婚式におすすめの花嫁の髪型

女性にとって結婚式は憧れです。 美しいドレスや和装は普段では着ることができない装いですから、 テンシ

記事を読む

子供が遠視になる原因について

眼の屈折異常の一つである遠視は子供にもよく見られます。 遠視は遠くが見えるようになると思われがちです

記事を読む

1

帝王切開、痛みや跡は残ってしまうの?~痛みと傷跡について~

子供を妊娠したとき、自然分娩で赤ちゃんを産むことがもっとも自然で安心できることは いうまでもありま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る