生理痛の痛みと場所は原因によって違う

公開日: : 未分類 , ,


生理痛の痛みと場所は原因によって違う

現代の女性が一生のうちに経験する生理回数は昔に比べて増えています。
それは初潮年齢の低下や閉経年齢の上昇、そして出産回数の減少などが原因です。

SPONSORED LINK

生理の回数が増えるということは生理痛の痛みを感じる回数も増えることです。
生理痛と言っても人によって痛みを感じる場所が違います。
女性の悩み、生理痛についてまとめてみました。

【生理痛の痛みと場所】

【生理痛の痛みと場所】

生理痛は、その痛みの程度や場所に個人差があります。
生理痛が全くないという人もいます。

生理痛がある人は、その時期によって、頭やお腹、腰など痛みの場所も移動します。
また、身体の痛みだけでなく、精神的にイライラしたりする人もいます。
時期によって痛みの程度や場所が異なるのは、原因が異なるからなのです。

【生理前の生理痛】

【生理前の生理痛】

排卵後、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が盛んになります。
子宮の中で受精卵が着床しないと、生理が始まります。
この時、黄体ホルモンは急激にその分泌量を減少させます。

この黄体ホルモンの分泌量の変化が、
自律神経に作用して、頭や胃に痛みを感じるようになります。

黄体ホルモンは、乳腺を発達させたり、体温を上げる働きもあります。
これら、生理の1~2週間前から生理までの身体の症状を「月経前症候群」と呼んでいます。

【生理前半の生理痛】

生理が始まると子宮は収縮し始めます。
子宮の収縮を促す成分としてプロスタグランジンという物質が分泌されます。

このプロスタグランジンが過剰に分泌されると、
収縮が激しくなり、キリキリとした痛みを伴います。

痛みの場所は子宮から起こるので、下腹部になります。
また、プロスタグランジンは血管を収縮させる作用も持っているので冷えが起こり、
腰痛を感じる人も多いです。

【生理後半の生理痛】

【生理後半の生理痛】

生理後半になると骨盤を中心として身体の血行が悪くなります。
そのため、お腹に鈍い痛みを感じたり、腰まわりが重く感じたりします。
また、血行不良から冷えやむくみも起こしやすくなり、頭痛を訴える人もいます。

【生理痛を和らげるために】

【生理痛を和らげるために】

このように、生理痛と言ってもその時期や人によって痛みの種類と場所が異なります。
市販の痛みどめを飲めば大丈夫という程度なら、大きな問題ではありませんが、
それ以上に我慢できなときには婦人科を受診する方が良いでしょう。

血行不良が生理痛を彦起こしている場合には、入浴などで身体を温めることが効果的です。
また、ストレスで生理痛がひどくなる場合もありますので、
ストレスをため込まないようにしましょう。

関連記事

1いろいろな武器を使いモンスターを狩猟していく。

モンハン4gを攻略するために初めに必要なことは?

モンハンとは? 部類としては、アクションゲーム! ゲームをする人がハンターとなり操作し、いろいろ

記事を読む

久住小春

久住小春はかわいいが性格が悪いと言われている?バラライカって何?

元モーニング娘。の久住小春(くすみ こはる)。 かわいいですね。 今やアイドルと

記事を読む

女子力を高める! おすすめ映画

女子力アップには欠かせない内面磨き。 それには心に感動を与えることが必要不可欠です。 ストーリーに

記事を読む

女性をキュンとさせる3つのアプローチ、壁ドン、顎クイ、肩ズン!

  好きな女性に何とかしてアプローチをしたい。 こちらを振り向いて欲しい。 男性が女

記事を読む

子供が遠視になる原因について

眼の屈折異常の一つである遠視は子供にもよく見られます。 遠視は遠くが見えるようになると思われがちです

記事を読む

効果バツグン♡ ニキビ跡に効果がある市販の化粧水

ニキビは治ったけど跡が残ってしまった。 女性なら経験があるのではないでしょうか? それに、ニキビは何

記事を読む

1

ピンキープラスの効果に迫る

バストアップ系のサプリメントとしてお求めやすい価格で人気のピンキープラスの効果は どの程度あるの

記事を読む

1

アプリQ攻略のタネ

1ヶ月でなんと合計400万もダウンロードされたと言うスマホ向けアプリQ。 画面は基本的にモノクロで

記事を読む

腰痛は子宮内膜症の症状!その見分け方

腰痛は子宮内膜症の症状!その見分け方 腰痛に悩む女性はたくさんいます。 その腰痛が筋肉のこわばりや筋

記事を読む

お菓子作りに大活躍!抹茶パウダーの作り方

若い人から年配の方まで大人気の抹茶。 最近は色々なスイーツに取り入れられ、更に人気に拍車をかけていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る