アムウェイの日焼け止め、イデアル ラディアンスの効果は絶大!

公開日: : 未分類


期待のアムウェイのオススメ製品、イデアル ラディアンス

夏が近づくと、気になるのが紫外線。

洗濯物を干している、室内で掃除、こんなときでも
容赦なく紫外線はあなたを襲っていています(ΦωΦ)フフフ…

と、いうわけでUVケアは怠ってはなりませぬ。
そして、毎年日焼け止めは改良されるので、選ぶのに悩んでしまいますね。

SPONSORED LINK

そこで!!
アムウェイのオススメ製品
イデアル ラディアンス UVプロテクト

SPF50+ / PA++++の最高レベルの UVカット効果をもつ日焼け止め乳液です。
ここまで度数が高いと白くなるのでは?と思いがちですが、

・透明感高く、白残りしない!
・なじみのよい、軽い付け心地!
・パウダー効果により、ワントーン明るい肌に見せる効果アリ。

なんといっても化粧下地として使えるのがありがたいですね。
下地と日焼け止めを2重には塗りたくないですし・・・。

気になる日焼け止めの効果はいかに?

「イデアル ラディアンス」の3つの特長成分が配合されています。

① クイックブライト カプセル
肌の浸透が良く、成分を 2時間以内に肌の奥(角層)まで届けます。
これは、肌の細胞膜と同じような脂質二重層構造を持つためです。

② マルチフローラ ブレンド
肌を整え、明るく透明感のある肌に導く効果が。

③ パール プロテイン
真珠のプロテインから抽出したエキス。
内側から輝くパールのような明るい印象の肌に導く効果アリ。

いずれもイデアル ラディアンスの独自成分です。

化粧品類はいいものを使えばそれだけ、肌もイキイキしますので、
敏感になるこの時期は、しっかり研究して選びたいものですね。

関連記事

1

ピンキープラスの効果に迫る

バストアップ系のサプリメントとしてお求めやすい価格で人気のピンキープラスの効果は どの程度あるの

記事を読む

絶対似合う♡ 結婚式におすすめの花嫁の髪型

女性にとって結婚式は憧れです。 美しいドレスや和装は普段では着ることができない装いですから、 テンシ

記事を読む

坂井

アシュラン20周年記念パーティ。ムッシュ坂井も参加!

昨年、アシュラン化粧品 創立20周年記念パーティーが帝国ホテルで行われました。 そこには、ムッ

記事を読む

荒川

荒川静香も使った?!アライヴンのヒト幹細胞サイエンス化粧品!

アライヴンの化粧品   日本初の、アライヴンのヒト幹細胞サイエンス化粧品。

記事を読む

1

LINEのデート誘い方テクとは?

昔はデートのお誘いと言えば当然 電話が主流でしたが、 SNSが発達した現在、LINEやメールが電話

記事を読む

女性の美容に効果があるナッツについて

美容効果が高い要素がたくさん含まれている、アーモンドやピーナッツ、 クルミなどは女性にとってぜひとも

記事を読む

1●カラコンは医療機器?

安全なカラコン買う前に!

カラコン買う前に! 今や、おしゃれアイテムには欠かせないカラコンって本当に大丈夫? と思っている

記事を読む

1●無理しないおしゃれ

WEGOコーデを楽しもう

いうまでもなくおしゃれは女性ばかりのものではありません。 男性も服装にこだわりをもって自分の個性を出

記事を読む

とびだせ どうぶつの森 QRコード

2012年11月に今回6作目(DSとしては2作目)となる人気ゲームソフト 「とびだせ どうぶつの森」

記事を読む

no image

アムウェイとビタクラフト。OEMは悪いのか?鍋戦争を制するのはどちら!?

ステンレスの無水鍋 アムウェイvsビタクラフト 結婚する時に嫁入り道具として両親から買ってもらった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る