過敏性腸症候群を克服しよう

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 未分類 ,


過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便秘を起こしたり
する病気です。

SPONSORED LINK

ストレスの多い現代社会で急増していて、たとえば通勤電車で急な腹痛をおぼえたり、
便意をもよおしたりして、頻繁に下車をしてしまうような人は過敏性腸症候群かも
しれません。

またこのような症状を自覚して検査を受けても、結果として表れないことが多く、
医師の正確な診断にも時間がかかるのが現状です。

ここからもわかるように、この病気は原因となるストレスがさらなるストレスをよび、
日常生活に不安や心配をもたらす点でとても悩ましい病気であるといえます。

≪動画≫
過敏性腸症候群/2分で分かる医療動画辞典 ミルメテ?ィカル

1

過敏性腸症候群の治療法

過敏性腸症候群の原因は不安や緊張などの「精神的ストレス」、普段の疲労や睡眠不足等
「身体的ストレス」によって引き起こされるといわれます。

こうしたストレスで発症される過敏性腸症候群ですが、
まずはその改善のための2つを紹介します。

・食事療法
香辛料や冷たい飲食物、油の多い食べ物を避けます。
乳製品やアルコールの摂取も控えます。

2

・運動療法
適度な運動をすることで、腸の働きを整えます。
また、運動することで気分転換をすることができ、ストレスの軽減に役立ちます。

3

以上の様に、薬による治療以前に、まず生活習慣の改善を試みることが大切です。
投薬による治療はそうした日々の生活の見直しと併用する形で行うことがもっとも効果が
期待できるのです。

市販薬で過敏性腸症候群は治せるか~病院へ行くのが回復の近道な場合も~

生活習慣の見直しとともに治療に大きな役割をもたらすのが薬による治療です。
病院に行き、診断をもらう事によって薬を服用できれば一番良いのでしょうが、
日々忙しい方にはそうはいかないこともあるでしょう。
そこでまずは手軽に入手することのできる市販薬について考えます。

・下痢止め
自分の症状にあった薬を選びます。
腸内の細菌のバランスを改善するもの、腸の過度な運動を抑制するもの、
乳酸菌を用いたものなどがありますが、即効性があるものは腸の運動を抑制するものです。

・便秘薬
腸内バランスを整える乳酸菌を用いたものがメインとなるでしょう。

注意すべきことですが、市販薬は医師の診断や検査を行わず、自己診断によって使用する
ものであることから、一時的な使用にとどめるべきです。
改善が見られない場合は病院に行くことが大切です。

そもそも過敏性腸症候群ではなく、潰瘍性大腸炎に代表される炎症性腸疾患など
他の病気の場合もあり、より早い対処が必要な場合もあるからです。

手軽に購入することができる市販薬ですが、仮に効果があったとしても、連用すると
利き目が薄れてしまったり、むしろ腸に負担をもたらしてしまったりして、
身体に悪影響をもたらすことがあるのでこの点も注意が必要です。
こうした意味からも、市販薬の長期間の使用は向かないでしょう。

4

なお、医師の処方が必要な薬について近年はより効果のある薬が多く出てきており、
より早い過敏性腸症候群の解決につながります。

医師による処方で使用できる薬は、腸の運動を抑制するものや、乳酸菌を用いた薬、
下剤などのほか、下痢、腹痛、便秘の元となるそもそものストレスを和らげ、
気持ちを楽にする薬、便に含まれる水分を整える薬などの効果をもたらす薬もあるので、
より症状にあったものを適用させ、治療に活用できるメリットがあります。

ストレスをうまくコントロールする

精神的ストレスやそれに伴う身体的ストレスの多い社会。ストレスがストレスを呼ぶ
悪循環にみまわれやすい環境の中で、いかに生活習慣に配慮し、気分を転換させるかが、
過敏性腸症候群を予防し、また早期回復に繋げる鍵になることがわかると思います。

自分の判断による市販薬の使用は避けるべきであることがわかりましたが、
医師の処方による薬にも頼りきりではなく、普段の生活において自分自身で生活環境を整え、
気持ちのあり方をコントロールできるようになることも大切でしょう。

関連記事

恋愛成就に効く?!東京おすすめパワースポット

彼との仲が思うように進展しない、以前の彼との復縁を願うなど、 どうしても恋愛に悩みはつきものですね。

記事を読む

1

韓国 子供の整形事情~その功罪~

女性は男性以上に身だしなみやおしゃれに気をくばるもの。 様々な化粧品や美容器具が考案され、多くの女

記事を読む

もしかして妊娠?生理前の症状との違い

もしかして妊娠?生理前の症状との違い 妊娠すると、高体温、頭痛、出血などの妊娠超初期症状が現れます。

記事を読む

1●どんな時代だった?韓国時代劇の背景をチェック

喰わず嫌いはもったいない・・・韓流時代劇の魅力

2002年の「冬のソナタ」をきっかけに、韓流ブームが日本で巻き起こりました。 その結果私たちのとな

記事を読む

1

女性がなりやすい膀胱炎~その症状と対策~

膀胱に炎症が起こりその働きに支障を起こすこの病気は、細菌の感染によって起こります。 膀胱にはもとも

記事を読む

1【ネイルシール】

簡単にできるセルフネイルデザイン

ネイルサロンに行くのは費用がかかりますよね。 そして定期的に通ってメンテナンスしてあげなければいけ

記事を読む

1●無理しないおしゃれ

WEGOコーデを楽しもう

いうまでもなくおしゃれは女性ばかりのものではありません。 男性も服装にこだわりをもって自分の個性を出

記事を読む

アメリカ海軍の台風情報が注目されている!?

日本の気象庁だけではなく、アメリカ海軍が発表している気象情報が注目されています。 その正確性は気象庁

記事を読む

1

男性にも必要な妊活

日本では少子化の問題が深刻化しています。 なんと婚姻関係にある男女のうち7組に1組は赴任に悩んでい

記事を読む

1グリーンスムージーとは

グリーンスムージーの レシピ

グリーンスムージーは身体にいいと言うのはなんとなく知っているのだけど、 なんか面倒という方もいらっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る