流産した時の手術って痛みがひどいですか?

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 未分類 , ,


流産をするとは、悲しいことですね。流産は自然と起こる場合があります。
また、手術により強制的に流産をさせる場合もあります。
母体のために、早く処置をする必要もあります。

1

SPONSORED LINK

では流産の手術の説明をする前に流産の種類と状態について説明していく事としましょう。

まずは流産の種類を知りましょう

切迫流産とは、
流産の危険性が高まっているときのことです。
この段階で、受診し適切な治療を受ければ妊娠継続は可能です。
症状は、不正出血、下腹部痛などです。

進行流産
切迫流産より、流産の近い状態です。
症状は、子宮口が開き始めて胎嚢が押し出されそうになっています。
緊急治療が必要です。この時、破水してしまうと流産は避けられないです。

不完全流産(不全流産)
子宮内にあるものがほとんど、外へと流れ出てしまうことです。
この時、少し宮内に残るために痛みや出血があります。

完全流産
子宮内にあるものが完全に排出されることです、
子宮内が収縮し、完全に妊娠状態が終わります。

化学的流産
尿で検査すると妊娠反応はありますが、胎嚢や胎児は確認されずに妊娠が終わります。
出血が少しある時もありますが、本人も気づかないうちに流産している事も多いです。

これは、妊娠のごく初期になる流産です。
一般的に、胎児・胎児の保護組織が形成されていないため、流産の回数には含まれません。

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
子宮内の胎児が死亡しているものです。エコーで心臓の動きが確認できない時に、
胎児の死亡確認をします。
痛みや出血はほとんどありません。

2

胞状奇胎(ほうじょうきたい)
胎児を覆う胎盤絨毛膜の異常増殖により起こる病気。
十分に胎児として成長していないため、胎児は胎盤内に自然吸収されます。

胎児は嚢胞状になり吸収されます。
完全に嚢胞状になり吸収され尽くす時は、全胞状奇胎と言います。
一部でも胎児組織が残る時は、部分胞状奇胎と言われ、区別されます。

こんなに、流産の種類があったとはビックリしました。

手術が必要になる流産はどんなとき?

手術が必要なのは、
不完全流産(不全流産)
稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
胞状奇胎(ほうじょうきたい)

それに、
胎児の奇形
発育不全
先天性疾患等

などで、母子ともに危険になる場合になります。

妊娠初期6週目の流産abortive birth 流産画像

3

流産手術の危険性は?
妊娠すると、子宮が妊娠前に比べて柔らかくなります。

このために、流産手術の時に使われる子宮鉗子などの金属製の器具で、子宮に穴が開く、
子宮穿孔という合併症になる可能性が高くなります。
この、子宮穿孔は目でみて確認できません。

手術が日帰りの時は、回復室でしばらく休みますが、これは出血しているかどうかを
確認するためです。
しかし、穴の位置・大きさにより術後すぐではなく、しばらくして出血がわかる時も
あります。

ごく小さな穴は自然治癒することもあります。
ですが、大きな穴は出血が続き、感染症を起こす危険性が高まり、入院し開腹手術をする
必要性があります。

医療機関側の問題として、数分で済む簡単な手術と油断をし誤って器具を、
子宮を貫通させ腸を傷つける危険性もあります。
こうなった時は、緊急開腹手術に切り替える必要があります。
簡単な手術だからと、軽く考えず危険性も知っておくようにしましょう。

掻爬法や吸引法でも、子宮の筋肉の内側を軽くえぐる手術なので、
繰り返しすれば子宮内部が荒れ、癒着する危険性があります。
この癒着はアッシャーマン症候群と言われ、不妊症の原因となります。

関連記事

早期発見が大切!乳がんのしこり見分け方

早期発見が大切!乳がんのしこり見分け方 乳がんは女性の20人に一人の確率で発症すると言われています。

記事を読む

親戚、友達、会社…葬式の香典の相場について

訃報は突然やってくるものです。 訃報を知ったら用意しなくてはいけないものが香典です。 香典の金額は

記事を読む

1

肩こりを足ツボで和らげる

肩こりは今や年長者だけでなく、若い人をも日常的に悩ませる症状のひとつ。 細かい作業で姿勢を長時間維

記事を読む

1●カラコンは医療機器?

安全なカラコン買う前に!

カラコン買う前に! 今や、おしゃれアイテムには欠かせないカラコンって本当に大丈夫? と思っている

記事を読む

1

男性にも必要な妊活

日本では少子化の問題が深刻化しています。 なんと婚姻関係にある男女のうち7組に1組は赴任に悩んでい

記事を読む

高校生におすすめデートスポット

高校生のデートにはどんな場所が適しているでしょうか。 そう贅沢はできませんから、まずは お金のかから

記事を読む

1 女子力アピールには素材×カラー

女子力高めのファッションコーデを作るコツ

このところ耳にすることが多くなった「女子力」。 言ってしまえば女らしさのことですが、そもそも女らしさ

記事を読む

1

女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性でも頻尿に悩む人は多くなってい

記事を読む

1S1チップ内蔵

iwatchの機能と防水は実際にはどうなの?

機能はどんなものがあるのかな? 時間を正確に伝える。これは当たり前ですね。時計ですから。 iPh

記事を読む

1【ネイルシール】

簡単にできるセルフネイルデザイン

ネイルサロンに行くのは費用がかかりますよね。 そして定期的に通ってメンテナンスしてあげなければいけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る