韓国 子供の整形事情~その功罪~

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 未分類 , ,


女性は男性以上に身だしなみやおしゃれに気をくばるもの。
様々な化粧品や美容器具が考案され、多くの女性が熱心に試します。

SPONSORED LINK

そのなかで美を追求する究極の方法が日々発展している美容整形といえます。
日本では近年プチ整形というネーミングで心理的にもハードルが低くなった美容整形
ですが、日本よりももっと気軽に整形を行い美しくなる気持ちが高い国が韓国です。

1

韓国は何故美容整形が盛んなのか

韓国が美容整形大国であることは美しさを追求する多くの日本人が既に知っている
ことでしょう。

日本国内で施術を受けるよりもはるかに少ない費用で行うことができることから、
美容整形目的で日本から渡航する人も少なくないようです。
ではなぜ今日の韓国がそのようになっているのでしょうか。まずその点を探ってみます。

2

2011年に行われたある調査では人口1000人あたりの美容整形件数は13.5人と
世界1位の整形大国である韓国

その背景には自らの身体でさえも武器にしなければならない「超競争社会」
その背景にあります。
「夢をかなえる近道」ともいわれ、国民は美容整形を概ね肯定的に受け止める傾向に
あります。

もともと韓国人の美に対する関心が高かったところで、90年代以降の超競争社会が訪れ、
就職、結婚、昇進などの人生の重要なイベントにおいて、少しでも他より優位になるため
に美容整形という手段に傾いていったと考えられます。
この風潮は韓国人の外見や体面を重んじる国民性にも影響されているといわれます。

美容整形の費用が安い!なぜそんなに安いのか

韓国人の美容や外見に対する意識と超競争社会といった背景によって加速した美容整形は、
美容整形技術とその費用にまで影響が及びます。

もちろん整形を行う人のニーズがそうさせた側面もあるでしょうし、
逆に韓国の美容成形技術の追究と海外を含めたネットマーケティングの成果ということも
できます。

美容整形技術については、ここにも超競争社会の影響が反映され、発展をしています。
ニーズの増加は価格競争にも至ります。

また仕事のお昼休みなどの少しの時間で施術を完了してしまう技術といったものもあり、
多くの美容外科がさまざまな努力によって費用と技術両面において日々進化させているの
です。

韓国美容整形の問題点~親に似ない子供~

韓国の美容整形の技術の高さによって、施術前と比較して見違えるほど美しくなった例が
非常に多く知られています。

≪動画≫
■【衝撃】韓国の美容整形のビフォー&アフター違いすぎて、もはや別人レベル!!

しかし、「美しさ」に対する意識や、何が美しいかという価値観については流行があり、
多くの「同じような顔」の人が芸能人をはじめ、一般の人々にも増えるという問題も
起きています。

またこうした背景は子供の世代に対しても同様で、最近では学校の合格祝いや、
成人祝いとして親からの「プレゼント」として美容整形があげられるようになっています。

親の世代が受けた整形は遺伝子まで「整形」される訳ではありません
したがって、こうしたケースでは「美男」・「美女」のカップルにそうした容姿を
受け継いだ子供が生まれるはずはなく、親の整形前の容姿を受け継いで生まれることは
あたりまえです。

このような韓国での整形事情は、整形が整形を呼ぶ事態となっているのでは
ないでしょうか。

また今後さらにこうしたケースは増加することは容易にイメージすることが可能で、
韓国における美容整形はますます加速するのかも知れません。

あなたはそれでも整形をしたい?

韓国における美容整形事情を取り上げました。
日本における美容整形はさすがに韓国ほど盛んではなく、費用も内容によるものの、
韓国と比較して高額です。

また韓国とはことなり、多くの人が美容整形に抵抗をもっている風潮があります。
施術を受けるとしても、まだまだ「こっそり」「少しだけ」するというイメージが
あるのではないでしょうか。

そのような日本の美容整形事情ですが、古くから内面の美しさを尊いものと捉えてきた
日本では今後発展するのでしょうか。

3

その予測は難しいでしょうが、今回とりあげた韓国の美容整形の様子を踏まえ、
すくなくとも美に対する価値観と美容整形に対する在り方をもう一度見直す必要が
ありそうです。

関連記事

ご存知ですか?ハーゲンダッツの新商品、華もち。何と発売すぐに販売中止!?

ハーゲンダッツの一口ミニ歴史をご紹介します ご存じの方は沢山いらっしゃるでしょうが、ミニ知識としてご

記事を読む

1

シングルマザーの仕事と収入の不安

何らかの事情によって、夫と別れ、子供とともに生活する女性が増えています。 この状況は平成23年度の

記事を読む

1

「ムーミンカフェ・東京」の混雑具合

トーベ・ヤンソンの生誕100年記念や映画の公開などでまたムーミンブームが来ています。 そんなムーミ

記事を読む

親戚、友達、会社…葬式の香典の相場について

訃報は突然やってくるものです。 訃報を知ったら用意しなくてはいけないものが香典です。 香典の金額は

記事を読む

2.お風呂グッズ

女子力アップに最適なプレゼント

プレゼントを贈る時は、いろいろ悩みますよね。 相手が家族や異性ならともかく、相手が同性の友達なら 女

記事を読む

女性の美容に効果があるナッツについて

美容効果が高い要素がたくさん含まれている、アーモンドやピーナッツ、 クルミなどは女性にとってぜひとも

記事を読む

意識高い系 女子とは?

現在テレビやネットなどでよく見かける『意識高い系』とう言葉。 肯定的な言葉と思いきや、実は否定的な

記事を読む

1グリーンスムージーとは

グリーンスムージーの レシピ

グリーンスムージーは身体にいいと言うのはなんとなく知っているのだけど、 なんか面倒という方もいらっ

記事を読む

1●カラコンは医療機器?

安全なカラコン買う前に!

カラコン買う前に! 今や、おしゃれアイテムには欠かせないカラコンって本当に大丈夫? と思っている

記事を読む

子供が遠視になる原因について

眼の屈折異常の一つである遠視は子供にもよく見られます。 遠視は遠くが見えるようになると思われがちです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る