肩こりを足ツボで和らげる

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 未分類 , ,


肩こりは今や年長者だけでなく、若い人をも日常的に悩ませる症状のひとつ。
細かい作業で姿勢を長時間維持することや、パソコンやスマホなどを頻繁に目にする
現代的な生活で、肩こりの悩みを持つ人はますます増えています。
今回はそんな肩こりの悩みについて足ツボをキーワードに解決のヒントを探ります。

1

SPONSORED LINK

肩こりには肩もみ肩たたき?

肩こりを和らげる方法として、はじめに思いつくのは肩たたきや肩もみでしょう。
痛いその場所を直接刺激することで肩こりが和らぐとされていますし、
実際その時は気持ちのいいものです。

また、肩もみ肩たたきの風景は昔ながらの親子の微笑ましい風景を連想させるもの
でもあり、それほどなじみのある解決方法として定着しています。

2

しかしこの肩もみ肩たたき、筋肉の痛みが原因であれば早々に解決できる場合もある
のですが、残念ながら多くの肩こりは、それが原因ではありません。

長時間の姿勢の保持(悪い姿勢も含めて)や、肉体のバランスが原因となって、
肩や肩甲骨まわりの筋肉が引き延ばされていることが原因です。
その結果、筋肉が硬直して血行不良となり、痛みとして表れているのです。

したがって、肩もみ肩たたきで気持ちよくなるのは、一時的に血行がよくなったため
であり、しばらくすると痛みが戻ってしまいます。

こうしたことの繰り返しでは快復には結びつきません。
こうしたことの繰り返しで、肩こりが慢性化するという見方から、
肩もみ肩たたきは効果がないどころか、その後の治療を進めにくくさせる行為である
という専門家もいます。

足ツボマッサージという選択

今すぐ和らげたいという気持ちは、どのような原因であれ変わることはありません。
問題は単純に肩こりだけでなく、解決出来ない状況が精神的なストレスをも
引き起こしてしまい、心身の健康を大きく崩してしまうことがあるからです。

そのような時に注目したいのが今回紹介する足のツボです。
一見肩と足は部位が遠く離れていますが、東洋医学では早くからその関係に
注目されていました。

3

家でもできる簡単足ツボマッサージ

足つぼをマッサージすると聞くと、専門的な知識が必要では?自分でできるのか?
といった疑問や不安が浮かぶかもしれません。

かといってマッサージ店にいって施術を受けるとなると費用がかさみ、
気軽に継続することが難しくなるのはいうまでもありません。
しかし、この足ツボマッサージ、ポイントを抑えれば自分でも簡単にできるのです。

ズバリ肩こりに効く足ツボは?

肩こりに効く足ツボは、足裏の人差し指の付け根から小指の付け根にかけたところ。
そこをゆっくりもみほぐしましょう。

加えて肩こりはたいてい首や目にも症状が及んでいることが多いので、
そこにも注目してケアします。

は足裏の人差し指から中指の付け根の部分をもみます。
は足裏の親指の付け根の股の部分をもみます。

≪動画≫
肩こりに効く足裏ツボを紹介

なお、本来足ツボは厳密には右足、左足の対応部分がことなる部分もありますが、
普段のケアとしてはあまり難しく考えずに右足、左足とも同じ位置をマッサージすること
で十分効果があると考えられています。1回1箇所1~2分かけてゆっくり行いましょう。

注意点ですが、足ツボのマッサージは、妊娠中やもむ箇所に怪我や傷がある場合、
食後すぐ、飲酒時、大きな病気にかかっているときは控えた方がよいでしょう。

気軽にはじめる足ツボマッサージ

肩こりは既に書いたように、痛いだけでなく、そうした状態もストレスになってしまい、
心身に大きな負担を与えてしまいがちです。

そのようなときに、自分でできる足ツボマッサージは肩もみ肩たたきに変わる
重要なケアの手段となります。

日々の生活では足の裏を丁寧に触れるということはあまりありません。
足裏を丁寧にもむことで、自分の身体を丁寧にケアする気持ちが生まれれば、
気分のリフレッシュにも繋がるのではないでしょうか。

4

なお、効果には個人差があるのでなかなか効果が表れない場合があります。
その場合は、自分で解決しようとせず、医師や専門家に相談するようにして下さい。

関連記事

産後の骨盤ベルトはいつからいつまで?

妊娠、出産は女性の体に大きな負担をかけます。 胎児を育てるためにおなかまわりには肉がつき、足はどっし

記事を読む

1●原因は?

パニック障害とは~どんな症状?なにが原因?~

パニック障害と聞くと、漠然と「パニックが起こる病気」と考えることができます。 しかし、具体的にどう

記事を読む

輝く女になろう! 女子力をアップさせるポイント

女子力が高いとは、どのようなことを指すのでしょうか? 見た目が美人でも言葉づかいが乱暴だったり態度が

記事を読む

no image

アムウェイについて調べていたら犬飼ターボの情報に出会った

私は現在42歳で会社員をしています。 この春娘が大学に入学する事になり、 教育ロ

記事を読む

早期発見が大切!乳がんのしこり見分け方

早期発見が大切!乳がんのしこり見分け方 乳がんは女性の20人に一人の確率で発症すると言われています。

記事を読む

1

男性にも必要な妊活

日本では少子化の問題が深刻化しています。 なんと婚姻関係にある男女のうち7組に1組は赴任に悩んでい

記事を読む

1

口臭の原因は口内環境以外にもある!胃などからくるのはどれぐらいある?

お口の臭いはエチケットとして、気にしている方も多いのではないでしょうか。 口臭のほとんどは、口内が

記事を読む

腹痛の悩みを解消!便秘によく効くストレッチ

多くの人が抱える悩みのひとつ、「便秘」。 便秘をこじらせると、下腹がポッコリと出て見た目にもスッキリ

記事を読む

1いろいろな武器を使いモンスターを狩猟していく。

モンハン4gを攻略するために初めに必要なことは?

モンハンとは? 部類としては、アクションゲーム! ゲームをする人がハンターとなり操作し、いろいろ

記事を読む

北乃きい

北乃きいの家庭環境は複雑!?ZIP降板危機!?

北乃きいという、女優や歌手もやっているマルチなタレント ほんとかわいいですよね^^ 日本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る