うつ病とどう違うの~躁鬱病って何?~

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 未分類 , ,


うつ病は様々な症状がありながら、それに悩まされる人は近年ますます増えている
といわれます。
この傾向は社会でも認知され、いまや多くの情報がテレビや本、ネットなどで
紹介されています。

SPONSORED LINK

しかし、世間一般でうつ病と診断される人の中に、躁鬱(以降”躁うつ”と記します)病
人が多く含まれているとみる医師や研究者も増えてきました(理由はあとに記します)。

多くの人にその存在が知られるようになったうつ病に対し、躁鬱病とは一体どういうもの
でしょうか。今回は似て非なる、躁鬱病の特徴と対処を挙げていきます。

1●バリバリ仕事をしていたあの人が・・・

バリバリ仕事をしていたあの人が・・・

身の回りにこういう人はいないでしょうか。仕事も自信をもってバリバリとこなし、
プライベートも絶好調、平日も休日もたくさんの予定を持って人生を楽しんでいた人が、
ある日突然、身体の電池が切れたかのように動かなくなったという人。

会社を休職したり出社しても仕事がままならなかったりしていたが、
あるときからまた復活して、今までのことが嘘だったように精力的に働き始める人

低空飛行の時と、非常にエネルギーに満ちて仕事に対する高い能力を発揮したりするとき
とをまるで繰り返すかのように訪れる人。

こういう行動パターンのある人は往々にして躁鬱病の可能性が高いといえます。

2●躁鬱病ってどんな病気?

躁鬱病ってどんな病気?

躁鬱病は病名としては現在「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)」と呼ばれます。
「双極」と表現されるように躁状態とうつ状態というふたつを行き来する病気という
意味です。
一般的にはうつ状態の時はうつ病と同様の兆候がみられます。

一方で、躁状態の時はこれと反対で、あかるい気分で、能力的にもエネルギーに
満ちあふれた行動をとり、その時は健康な人よりもむしろ高い創造性をもつことが
多いともいわれます。

躁鬱病に特徴的なこと

・気分がよく、元気でやる気があり、仕事もプライベートも精力的である
・夜あまり眠らなくても平気である
・自信をもって自分の考えを表明できるが、それに強くこだわることがある

・様々なアイデアや考えが浮かび、時にまとまらなくなる
・お金の使い方が荒くなる
・イライラ増し、怒ることが多くなる

治療法は?

治療方法は主に薬物治療ですが、うつとは名が付くものの、うつ病とはほぼ異なるもの
が使われます。
これはうつ病が気分の低いところから「上げる」薬であるのに対し、躁鬱病の場合は、
気分の安定を第一に考えるからです。

単に上げてしまうと、上がり過ぎる(躁状態になる)ことがあり、
一般的には抗うつ薬の使用は逆効果と認識されています。

3また、そもそも躁鬱病はその発見が非

また、そもそも躁鬱病はその発見が非常に難しい病気でもあります。
なぜかというと、患者は大抵気分の落ち込んだうつ状態で受診することが多く、
長期的な観点で診断することをせずにその時点のみで判断すればうつ病と診断されること
が多いためです。

このような状況でうつ病として治療を開始してしまうと、本来の躁鬱病にとっては逆効果
であり、その治癒・寛解を妨げてしまうことになりかねません。

両者は似た症状を伴うものの、病気として(少なくとも治療に関して)は全く異なるもの
であり、慎重な判断が必要となることを、患者はもちろん医師も理解する必要があります。

≪動画≫
■うつ病と双極性障害はアフ?ローチか?異なります【心理カウンセラーたかむれ】

周りの人の対処

躁鬱病の人を近くに持つ家族、友人、パートナー、職場の同僚などはどうしたらいいか。
非常に悩ましい問題です。

躁うつの人の多くは気分の高揚や落ち込みなどをコントロールすることに努め、
ある程度のコントロールを身につけている人もいます。

しかし、一方で躁うつである本人がそれを自覚せずに生活した場合、
本人もしくはその人が所属する組織の社会的な信用を損ねてしまうことも否定できません。

したがって躁うつの人はまず自分の病気がどのようなものであるかを認識すること、
また周囲もそうした病気であることを学び、その人の特性に応じた適切な役回りを
担ってもらう等の努力と工夫が必要です。

4病気だけでなく、世の中には様々な考

病気だけでなく、世の中には様々な考えや価値観を持つ人がいますが、
躁うつだけに限らず様々な個性としてそれぞれの人を受容できる社会であることが
望まれます。

関連記事

1

水虫を酢で治療する

エアコンが様々な場所で使わることや、通気性が少ない履物の増加によって、 今や暑い季節だけの悩みでは

記事を読む

糖尿病に向けた食事のレシピ

糖尿病になると、治療などですぐに治るものではなく、ずっと付き合っていかなくてはなりません。 その背景

記事を読む

お菓子作りに大活躍!抹茶パウダーの作り方

若い人から年配の方まで大人気の抹茶。 最近は色々なスイーツに取り入れられ、更に人気に拍車をかけていま

記事を読む

1●無理しないおしゃれ

WEGOコーデを楽しもう

いうまでもなくおしゃれは女性ばかりのものではありません。 男性も服装にこだわりをもって自分の個性を出

記事を読む

1S1チップ内蔵

iwatchの機能と防水は実際にはどうなの?

機能はどんなものがあるのかな? 時間を正確に伝える。これは当たり前ですね。時計ですから。 iPh

記事を読む

荒川

荒川静香も使った?!アライヴンのヒト幹細胞サイエンス化粧品!

アライヴンの化粧品   日本初の、アライヴンのヒト幹細胞サイエンス化粧品。

記事を読む

1.準備

セルフ派必見! 長持ちするネイルの塗り方

ネイルがきれいだとテンションが上がりますよね。 女性は、ほんの少しでも自分に手をかけてあげている、

記事を読む

1

ミュゼの予約は電話かウェブか?

全国に187店舗ある美容脱毛で人気の「ミュゼの予約はなかなかとれない」 と言う噂もありますが、それ

記事を読む

1

出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原因になる症状のことをいいます。

記事を読む

1

肩こりを足ツボで和らげる

肩こりは今や年長者だけでなく、若い人をも日常的に悩ませる症状のひとつ。 細かい作業で姿勢を長時間維

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る