LGBTにおける結婚と社会の声

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 未分類 , ,


LGBTとはセクシャルマイノリティとも表現される主に同性愛を望む人々を総称します。
すなわち(Lesbian:女性同性愛者)、ゲイ(Gay:男性同性愛者)、
バイセクシュアル(Bisexual:両性愛者)、
トランスジェンダー(Transgender・性別移行(性同一性障害)者を指します。

SPONSORED LINK

「LGBT」はそれぞれの同性愛者が自らその名を呼び名として望んだ一方で、
これまでの性的観念をもつ人々からはセクシャルマイノリティと呼ぶなど、
様々な経緯があります。
今回はこの議論を一旦おき、表現をセクシャルマイノリティと統一します。

6月末にアメリカで同性婚をすべての州が認める判断をしました。
アメリカでは事実上同性婚が合法化されたことになります。

≪動画≫
■米連邦最高裁、同性愛者の結婚認めないのは憲法違反との判断下す(15/06/27)

これに伴い、facebookやTwitterが、ユーザー自らのアイコンをLGBTの尊厳を象徴する
虹色の旗にする機能をつけたことで、多くの日本人もそのことを認識するとともに、
大きな社会現象になりました。

日本でも4月に渋谷区で同性パートナーシップ条例が施行されるなど、
自治体レベルでセクシャルマイノリティについての議論がなされるようになり、
そうした人々にとってもより生きやすい、多様性を認める社会になりつつあるという
評価の声もあがっています。

しかしこうした動きに対し、それを望まない人が多いのもまた事実です。
アメリカでの同棲婚容認についての議論も50年以上にわたり、賛成反対を二分しましたし、
日本でも保守的な立場を取る人については依然否定的な見解が目立ちます。

今回は特に同棲婚に否定的な意見を紹介し、同棲婚について考えます。

1●同性婚、どのような否定的意見があるのか

同性婚、どのような否定的意見があるのか

否定的な意見をいくつかピックアップしました。
加えて、そうした意見について検討すべき点もできるだけ中立な観点であげてみました。

■感覚的な理由
・感情的に嫌
⇒セクシャルマイノリティの人々に限らずどんな人に対してもあることで仕方のないこと
でしょう。

・生理的に受け付けられない
⇒これも同様です。

■保守的な観点
・生理学的な「あたりまえ」を尊重すべき
⇒ある意味もっともストレートで「普通」の見解です。
しかし、現状に鑑み、なにがこれからの「あたりまえ」なのかを考える必要があるでしょう。

・結婚は社会として子を産み育て、繁栄を築くものであり、そのための義務と責任は
基本的に維持すべき。
それとは異なる価値観を認めてしまうことは人間社会の衰退を招きかねないと感じる。

これに反するところで権利を認めさせようとするのは「自分達の幸せのみを追求するもの」
としか思えず、賛成しがたい。

⇒社会的な義務と責任がこの場合子孫繁栄による社会維持にあたると思われるのですが、
果たして同棲婚をした場合に発生する(また、発生しない)社会的な義務と責任
どのようなものなのかを考える必要がありそうです。

・同棲のままでいいのではないか
⇒法的、社会制度的に明確な立場を求めたいというセクシャルマイノリティの意向は
純粋に理解できるでしょう。

・そもそも法律ですべてのレアケースをカバーするのは無理がある
⇒こうした「マイノリティ」がどう「レア」と判断するのかは難しいことです。

確かに「性的な」マイノリティ以外にもマイノリティと呼ばれる人々は存在します。
そうした人々との違い、あるいは同一性をどのように判断し、賛否それぞれの立場で
一定の結論を出すことが必要でしょう。

■宗教的・社会的事情
・宗教的観点(キリスト教カトリックなど)から性的逸脱であり、認められるものではない
⇒特に欧米のキリスト教的な社会観では長年同性愛はタブーと考えられてきました。

一方で様々な聖書の解釈から、近年はタブーとはしない見方も出てきました。
しかし現実的にはなお、宗教的に容認できないという見方が大きいといえます。

2●日本での議論は

日本での議論は

現在のセクシュアルマイノリティ事情と、そうした動きに対する反対の意見
とりあげました。

今回取り上げた反対意見の一方で、多くの人が、賛成の声を表明しているのも
また事実です。

ただし、反対している人も、賛成している人も意見の根拠が限定的であり、
今後は多くの人に理解してもらえる意見を持つ必要があると思われます。

3日本国内ではまだここ数年起きた議

日本国内ではまだここ数年起きた議論で一般的な人々には急激に話題になったイメージが
ありますが、より多くの人がこの問題について考え、様々な立場を理解し、
結論を出していく姿勢が求められます。

関連記事

1●原因は?

パニック障害とは~どんな症状?なにが原因?~

パニック障害と聞くと、漠然と「パニックが起こる病気」と考えることができます。 しかし、具体的にどう

記事を読む

プチプラでおしゃれを楽しもう♡ しまむら活用コーデ術

おしゃれはしたいが洋服を何着もそろえるとお金がかかってしまう。 そんな時の強い味方が、しまむら。

記事を読む

使いやすさ抜群! 女子力が高い顔文字まとめ

LINEやツイッター、フェイスブックなどなど、顔文字を使うシーンはたくさんあります。 最近は顔文字も

記事を読む

すみれ

諸星すみれ、ハイキュー谷地仁花役で今話題の声優。アナ雪にも出演!

10月から人気バレーボールアニメ 「ハイキュー!!」の第2期「セカンドシーズン」がスタートしま

記事を読む

女子力を高める! おすすめ映画

女子力アップには欠かせない内面磨き。 それには心に感動を与えることが必要不可欠です。 ストーリーに

記事を読む

子宮頸がんの初期症状と予防法

子宮頸がんの初期症状と予防法 子宮頸がんは子宮の入口の表面から発生するがんです。 発祥は30歳代から

記事を読む

1

韓国 子供の整形事情~その功罪~

女性は男性以上に身だしなみやおしゃれに気をくばるもの。 様々な化粧品や美容器具が考案され、多くの女

記事を読む

認知症の初期症状について

認知症の大半はアルツハイマー認知症になります。 記憶を徐々に無くしていく病気で高齢者に多いです。

記事を読む

子供が遠視になる原因について

眼の屈折異常の一つである遠視は子供にもよく見られます。 遠視は遠くが見えるようになると思われがちです

記事を読む

1●どんな時代だった?韓国時代劇の背景をチェック

喰わず嫌いはもったいない・・・韓流時代劇の魅力

2002年の「冬のソナタ」をきっかけに、韓流ブームが日本で巻き起こりました。 その結果私たちのとな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る