アトピー性皮膚炎の治療について

公開日: : 最終更新日:2016/03/08 未分類 ,


アトピー性皮膚炎の方は、日ごろから苦しみを感じているはず。
もともとアレルギーを起こしやすい体質の人、皮膚の機能が弱い人に見られます。

アトピー性皮膚炎になると、痒みと湿疹の症状が見られ、治ったつもりでもすぐに再発をする、
つまりずっとアトピー性皮膚炎であるという印象を受けやすいのです。

小さい頃にアトピー性皮膚炎になると、
しばらくは付き合っていかなければいけない症状になりますね。
治療に関しても様々な薬がありますので、以下のようにまとめてみました。

SPONSORED LINK

アトピー性皮膚炎を治療するステロイド外用薬

ステロイド外洋薬は医師からの勧めで利用するようにしましょう。
合わなければ止めてしまうのも一つですが、都度相談をした方が良いかもしれません。

ステロイドは免疫反応を抑える働きがあり、
人によっては刺激が強いので短い時間だけ使おうと思っている人も多いようです。

しかし、ステロイドは中途半端に利用するとかえって悪化することもありますので、
決められた期間で利用するようにします。

06_アトピー性皮膚炎治療

免疫抑制外用薬について

塗り薬としてのもう一つは、免疫抑制外用薬です。
他の治療方法で効果が無かった人は、免疫抑制外用薬を利用する人が多いですね。

また、皮膚が薄い場所、たとえば顔や首などは、
皮膚萎縮や毛細血管拡張などの副作用が起こってしまうリスクを持っています。
副作用を避ける意味から免疫抑制外用薬を利用することをオススメします。

1◆アトピー性皮膚炎の治療に効く内服薬

アトピー性皮膚炎の治療に効く内服薬

アトピー性皮膚炎に効果があるのは、塗り薬だけではありません。
最初から塗り薬が苦手だという人、塗り薬で効果が出なかった人は内服薬を試してみてください。

例えば、抗ヒスタミン薬。
アトピー性皮膚炎の方は、かゆくなると皮膚を傷めるくらいにかいてしまいます。
症状を悪化させないためのかゆみ止めとして利用されます。

特に、子供などは抑制が効かないことが多いために、効果がありますね。
鼻炎、花粉症、じんましんなどにも使われている内服薬です。

2アトピー性皮膚炎になれば、長い間治療を向き合っていかなければなりません。

アトピー性皮膚炎になれば、長い間治療を向き合っていかなければなりません。
日常生活に支障をきたすわけではありませんが、いかに付き合っていくのかが大切ですね。

合わない薬を使い続けて治療するのではなく、
積極的に皮膚科の先生に相談をするようにしてください。

処方箋でしか出せない薬もたくさんあります。
これまでに利用してきた薬の情報を覚えておくと、
お医者さんも考えやすいといえるでしょう。

関連記事

簡単! きれいなセルフグラデーションネイルのやり方

ネイルがきれいだと気分も晴れやか、テンションも上がりますよね。 特にきれいなグラデーションは女心をく

記事を読む

1●無理しないおしゃれ

WEGOコーデを楽しもう

いうまでもなくおしゃれは女性ばかりのものではありません。 男性も服装にこだわりをもって自分の個性を出

記事を読む

生理痛の痛みと場所は原因によって違う

生理痛の痛みと場所は原因によって違う 現代の女性が一生のうちに経験する生理回数は昔に比べて増えていま

記事を読む

腰痛は子宮内膜症の症状!その見分け方

腰痛は子宮内膜症の症状!その見分け方 腰痛に悩む女性はたくさんいます。 その腰痛が筋肉のこわばりや筋

記事を読む

もしかして妊娠?生理前の症状との違い

もしかして妊娠?生理前の症状との違い 妊娠すると、高体温、頭痛、出血などの妊娠超初期症状が現れます。

記事を読む

1

帝王切開、痛みや跡は残ってしまうの?~痛みと傷跡について~

子供を妊娠したとき、自然分娩で赤ちゃんを産むことがもっとも自然で安心できることは いうまでもありま

記事を読む

ジェルネイルするなら、LEDライトがおすすめ

ネイルがきれいだとテンションが上がりますよね。 セルフネイルは以前はマニキュアが主流でしたが、 現在

記事を読む

1

歯周病は薬で治療できるのでしょうか?

痛みがなければなかなか歯医者に行くことはありません。 しかし、口の中はとてもデリケートで虫歯以外に

記事を読む

1◆性格の遺伝について

ポケモンの性格遺伝について

ポケモンでは、どのようにうまく遺伝をさせるかがゲームを優位にすすめるポイントになります。 バトルで

記事を読む

1●同性婚、どのような否定的意見があるのか

LGBTにおける結婚と社会の声

LGBTとはセクシャルマイノリティとも表現される主に同性愛を望む人々を総称します。 すなわち(Le

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

1
自律神経失調症の治療薬

自律神経失調症という病気をご存知ですか?日常的によく「自律神経が弱って

1
出血の少ない月経~それって無排卵月経かも?~

無排卵月経とは、月経があっても排卵のない状態のことをいい、 不妊の原

1
偏頭痛と市販の薬

偏頭痛(片頭痛)とは、ずきんずきんと脈打つような痛みが主に頭の片側に出

1
女性の頻尿の原因

頻尿というと加齢による症状というイメージがありますが、 今は若い女性

1
過敏性腸症候群を克服しよう

過敏性腸症候群はIBSともいわれ、頻繁に下痢をおこしたり、逆に深刻な便

→もっと見る